ドラえもんの謎

ドラえもんが青い理由は過去の話では耳の無くなった自分の姿に青ざめたからとなっていましたが、現在はそうではなく、事故で耳を無くしてしまったことで元気をなくしたからです。ドラえもんは「元気の素」を飲んで元気を出そうとしましたが、ドラえもんは間違えて「悲劇の素」を飲んでしまいました。

そのことでさらに悲しくなり、三日三晩泣き続けた振動でドラえもんの体のメッキがはげてしまい青くなったそうです。
声が大山のぶ代さんの今の声になったのも、泣き続けて声が枯れてしまったからです。
このような設定になっていますが、低学年を対象とする学習雑誌の連載の最初のページではカラー印刷だったらしく、目立つという連載上の理由もあったそうです。