夏映画、進撃の巨人が首位

人気マンガコミックスを実写化にした「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」が8月1日から全国427のスクリーンで公開され、1、2日の土日2日間で約46万7000人を動員し、興行収入は約6億円だったことが3日明らかになった。
土日の2日間の観客動員ランキングで初登場で圧倒的な強さで首位を獲得した。
「進撃の巨人」は「別冊少年マガジン」で連載中の諫山創さんの人気マンガが原作。
最大約50メートルと圧倒的な力を持つ巨人たちに対し、人類が絶望的な戦いを挑む姿が描かれているストーリーだ。
主演は三浦春馬さん、水原希子さん、本郷奏多さん、石原さとみさんらが豪華キャストが出演している。
1日に公開されたのは2部作の前編で、9月19日に後編が公開される予定である。