ペルー副王

先住民の搾取は1780年、トゥパク・アマル2世の反乱を引き起こした。この反乱はペルー全域に広がり、1781年にトゥパクは捕らえられ処刑されたが、先住民は1783年まで戦争を続け、副王領の経済は混乱した[1]。沿岸地域では1821年7月にホセ・デ・サン・マルティンがペルー独立を宣言しリマに入城し、その後1824年12月9日、人員と武力で優っていたスペイン王室軍は、アントニオ・ホセ・デ・スクレ率いる革命軍に、アンデス高原のアヤクチョの戦い(英語版)で敗れ、ペルー副王と彼の軍司令官らは捕われた後、ペルー副王領であった残りの領域はペルーとチリの独立国の一部になった