スタジオアルタ、36年の歴史に幕

2014年3月まで放送されたフジテレビ系『笑っていいとも!』の生放送を行っていた東京・新宿のスタジオアルタが、3月31日をもってスタジオとしての営業を休止したそうだ。1980年4月のスタジオ稼働開始から、生放送の”バラエティーの聖地”として営業してきた36年の歴史に幕を閉じた。
この日はTOKYO MX『出張!5時に夢中!in新宿スタジオアルタFinal~内藤聡子卒業SP~』の生放送が行われ、司会のふかわりょう、アシスタントの内藤アナ、同所にちなんでタモリ風のサングラスをかけた岩井志麻子、中瀬ゆかり、ジョナサン、新アシスタントの上田まりえらが出演。
番組ではこの日をもって6年間出演した同番組から卒業した内藤さんの歴史を振り返る映像や、アシスタントを通して学んだことなどを笑いを交えて紹介したほか内藤さんと月曜レギュラーの若林史江によるユニット、ザ・おかわりシスターズのステージを開催。
内藤さんが涙ながらに「この番組に出演できたことを誇りに思います」と感謝を込めたあいさつをすると、出演者たちも目を潤ませてしんみりする場面もあったが、いつも通りコメンテーターから下ネタ発言も飛び出すなど同番組らしい明るさでスタジオの最後を盛り上げた。
なお、新宿アルタはファッションビルの方の営業は今後も続けるとのこと。一つの時代が終わった、という感じがする。