毛髪再生へ今年から臨床研究

東京医科大学や資生堂などは27日、中年以降に薄毛となる脱毛症の患者の、毛髪を再生させる臨床研究を今年から始めると発表しました。
一度細胞を移植することで効果が持続するため、育毛剤のように毎日使用せずに済む利点があるということです。
効果や安全性を確かめたうえで、実用化を目指しています。
研究チームは、「毛球部毛根鞘細胞」と呼ばれる毛髪の根っこ周辺にある頭皮の細胞が、毛髪を作るもとになっていることに着目しました。
患者の後頭部から、毛髪周辺の頭皮を採取、毛根鞘細胞だけを取り出して培養によって増やし、患者本人の頭部に移植する計画を立てました。
臨床研究は男女約60人が対象となります。
同大学病院や東邦大学医療センター大橋病院で患者から採取した細胞を、資生堂の施設に移して培養し、その後2病院に戻して患者に移植します。